トップページ >  編集長ブログ >  店長自身が講習し男性目線の接客術を教育

編集長
ブログ

フーゾク社会考察「風俗を見る眼」『吉原ソープの明と暗 「勝ち組高級店」の戦略』その12

2016.01.18

広告受付中
  •    ただソープ通の間で、よく「高級店と超高級店に明白な差はない」と言われる中、


    「『ラブボート』だけは違う。超高級店というコンセプトに値する」


    と言われているのは、店側がそれだけ自らのバリューを追及してきたからだろう。


    なお、この店では女のコの講習も店長自らが行う。


    女性講習員全盛のご時世には珍しいが、講習には男性目線が必要とのことからだ。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


     

    フーゾクライター

    ゴルゴ十三

    (ごるご•じゅうそう)

    日本SMクラブ発祥の地、大阪十三出身の風俗サイトライター。

    現在性地吉原を中心に取材や集金、営業活動までこなす毎日。

    休日は各地ストリップ劇場に出没し、スナイパーさながら熱い視線をオキニの踊り子に送り続けている。

     

    *この記事は『俺の旅別冊 激安フーゾクDX』(2014年6月25日発売)に掲載されたものです。


広告受付中