トップページ >  風俗レポ >  裏フーゾク 観測隊 ピンクコンパニオンの メッカ山代温泉今でも一発屋がこっそり営業中

風俗
レポ

タクシー運転手から一発屋の詳細情報をゲットする

2016.02.21

広告受付中
  • 正午12時、今年3月に開通したばかりの北陸新幹線に乗って金沢駅へ向かう。石川県は2年ぶりだ。全国各地様々な地を巡ってきたが、北陸はお気に入りの場所だ。料理も美味しいし、歴史建造物もあり観光名所も多い。泉質のいい温泉もある。何よりも本○風俗が充実している。
     
    北陸は日々のストレスや疲れを全てスッキリさせてくれる遊び場が揃っている。そして、加賀温泉郷まで足を伸ばせば温泉旅行の醍醐味を味わえる。
     
    前回は片山津のソープが目的だったが、今回は山代の一発屋で遊ぶつもりだ。
     「意外に若いコと遊べたよ」と満足気に語る奴もいれば「仲居にボッタくられた」と嘆く友人もいた。友人の話を聞く限り、自力で店にたどり着けば、安く遊べるようだ。
     
    金沢駅に向かう車中で、俺は友人が書いてくれた地図を何度も見直した。一発屋への道順を何度もたどる。
     
    約2時間30分後、金沢駅に着いた。金沢駅周辺はビジネスホテルと商業ビルが建ち並んでいる。金沢駅からクルマで15分ほど行けば繁華街の片町に行ける。ちょっと寄り道をしたい気持ちもあったが、そのまま山代温泉へ向かう。
     
    加賀温泉駅に着いたのは3時頃だ。遅めの昼食をとろうと駅の近くにある回転寿司屋の『太平すし』に入った。刺身の鮮度が良く美味かった。マグロやハマチなどの赤身魚やタイなどの白身魚を計10皿食べる。
     
    加賀温泉駅から山代温泉まではタクシーで約10分。タクシーの運転手に女のコと遊べる店を聞く。
     
     「最近は店も減って、4軒ほどしか営業していないんですよ。ちょっと前まではソープもあったし、一発屋も10軒近くあったんですけど、今はこれだけ……」  人の良さそうな50代のおじさんが詳しく説明してくれる。
     
      「一発屋は繁華街から離れた所にあります」
     
    いい情報を教えてくれた。タクシーを降りる時に「もし遊びに行きたかったら連絡してください」とおじさんは笑顔で名刺を渡してきた。
     
    一発屋の場所はタクシーの運転手の話である程度分かった。友人からもらった地図もある。店にたどり着くための情報は十分だ。
     
    清楚なお姉さんの喘ぎ声が
    6畳一間の和室に響き渡る
     
    潤んだ瞳に大興奮清楚美女は感度抜群
     
    旅館にチェックインし、少し休んでから一発屋へ向かう。途中で1300年の歴史がある共同浴場の『総湯』でひと風呂浴びる。身体に染み込むように馴染む湯が気持ち良い。
     
    一発屋の周辺は暗く、何の手掛かりもなかった。一発屋に自力でたどり着くのは難しい。平凡なアパートの中から50代くらいの男性が出てきた。ここかも知れないと思い、おそるおそるそのアパートに入る。「あら、いらっしゃい。どなたのご紹介かしら」とおばさんが尋ねる。「いや、友人に場所を教えてもらって」と俺が答えると少し驚いていた。
     
    「1万3千円ね。28歳のオススメの女のコがいるわよ」
     
    おばさんは奥の畳の部屋へ俺を案内した。狭い部屋の真ん中に布団が敷かれている。10分ほど待っていると「こんばんは」と女性が入ってきた。
     
    肩くらいまでの髪にクリッとした目をした清楚な雰囲気のお姉さんだった。優しい笑顔を俺に向け横に座る。アナウンサーの高島彩に少し似ていた。膝を抱え座る姿がかわいかった。
     
    俺は彼女を抱き寄せてキスをする。キスをしたまま布団に寝かせ、ブラウスのボタンを外す。そして、下着の上から胸を触る。指で乳首を刺激する。「うん……」彼女が吐息を漏らす。下着を外す。舌先で硬くなった乳首を転がすと、彼女の喘ぎ声が大きくなった。
     
    彼女を裸にすると、俺も服を脱いで硬くなっていたチ○コを彼女のアソコに当てる。指でクリトリスを責めると「あぁ、気持ちいい……」と反応する。気がつくと、いつの間にか俺のモノにコンドームがかぶせられている。早技だ。
     
    彼女のアソコにゆっくりと挿入して激しく腰を振る。締まり具合も良く、愛液でたっぷり潤っている。脚を抱え、奥を突くと、「だめ、凄くいい」と彼女も腰を振る。そのまま発射した。最後に「よかったよ」と彼女はキスを求めてきた。
     
    昼間の温泉街は物静かでひっそりとしている。
    山代温泉街の情緒ある街並み。
    山代温泉名物のゆせんたまご。クリーミーでプリンのように柔らかい。
    山中温泉の旅館『山乃湯』。スーパーコンパニオン宴会で有名。
    かつてはゴンドラ付きのストリップ劇場もあった。
    一発屋の女のコ。近くのスナックに勤めているとか。
    狭い和室には布団が1枚敷かれていた。
    オッパイパブ『女子寮』は北陸の名店だ。

広告受付中