トップページ >  編集長ブログ >  川崎のユニークなソープを紹介

編集長
ブログ

フーゾク社会考察「風俗を見る眼」『元気なフーゾク街入門 川崎編』その13

2016.07.07

広告受付中
  •  



    奇想天外。

    店に入ると巨大なツタンカーメンと遭遇。

    (『エルカーヒル』)



    葛飾北斎も羨望する赤富士の間。

    貴殿の股間もMt.Fujiに。

    (『クラブハウスシェル』)


     イスラム寺院の外観。

    店内には美巨乳美女が性揃い。

    (『プロポーション』)


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


     

    風俗ライター

    ゴルゴ十三

    (ごるご•じゅうそう)

    巨大なチンが右往左往する金魔羅祭り。

    実は堀之内近郊の神社で毎年行われている。

    戦前まで性器は陰ではなく陽な場所だったそう。

    今も変わらず男根を奉る川崎に拍手したい。

     

    *この記事は『俺の旅別冊 全国○得フーゾクDX』(2015年7月10日発売)に掲載されたものです。


広告受付中