トップページ >  編集長ブログ >  ドヤ街で暮らしながら支給日にフーゾクへ

編集長
ブログ

フーゾク社会考察「風俗を見る眼」『下流社会と性風俗を考える』その7

2017.01.15

広告受付中
  •   女のコに話を聞くと、


     「支給日になると、絶対に来てくれる人がいる。 こちらとしては、ありがたいけどちゃんと生活するお金が残っているか心配」


     と言っていた。


     実際、お金を使い果たしてしまい、ドヤ街でホームレス向けに開催される炊き出しで飢えを満たす人もいるくらいだ。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


    ライター

    村田らむ

    (むらた•らむ)

    新興宗教、スラム街などを取材するサブカルライター。

    『こじき大百科』、『ホームレス大図鑑』とホームレス本を多数出版。

    最新刊は『ホームレス・スーパースター列伝』。


    *この記事は『俺の旅別冊  全国○得フーゾクDX vol.2』(2015年11月10日発売)に掲載されたものです。



広告受付中