トップページ >  編集長ブログ >  川反の歓楽街には酒場特有の妖しさが

編集長
ブログ

イコマ師匠の取材ルポ日記「東北3大ソープ街巡礼ツアー」その8

2017.01.26

  • 秋田川反の歓楽街。

    昼間は穏やか。

     

     

     足早に各店の写真を撮ってから、一旦大町6丁目を離れ、5丁目の歓楽街をチェックする。


     昼間のネオン街はのどかな空気が流れ、宴の後を思わせるが、あちこちに案内所の看板が掲げられているほか、フィリピンパブやラウンジの看板も見られ、酒場特有の妖しさが漂っている。


     ピンサロを1軒見つけてデジカメに収めると、ソープに行くべく再度6丁目のフーゾク街へと向かった。


    →つづく。


      【→進む】/【→戻る】

     

    キャバクラの看板。

    ナースと女子校生のイラストがいい。

     

    フィリピンパブの看板。

    セット4000円とお手頃です。