トップページ >  編集長ブログ >  高級店では有名AV女優と遊べる

編集長
ブログ

フーゾク社会考察「風俗を見る眼」『高級フーゾクのススメ』その3

2014.12.20

広告受付中
  • 吉原の最高級店『ピカソ』。

    王冠のマークが高級感たっぷり。

    モデルやアイドルのような美女が在籍。

    110分総額8万2400円。(入浴料3万2400円)

     

     

     

     それでも以前は、人気のあるAV嬢などがつんけんしてサービスはおざなり、ということもあった。それが今は違う。


     この前吉原でAV嬢の愛○るかと遊んだ。数年前には六本木でクラブをやっていた美熟女。気品があって話しているだけでも楽しい。


     プレイが始まると、小生をちんぐり返しにしてアナルを舐めまくる淫乱さはAVそのまま。一度発射してから、まったり混浴も楽しい。


     イチャイチャして盛り上がって潜望鏡。マットでくんずほぐれず。彼女が上になって2度目の発射。


     2時間足らずで何度でも楽しいのが高級ソープだ。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】



    フーゾクライター

    陳黒轟太郎

    (ちんぐろ•ごうたろう)

    手コキフーゾクから高級ソープまで探求するのは「社会的探求心の深さで、スケベだからじゃないんだよ」とのたまうお調子者。

    最近は息の長い風俗嬢と違う店で会い「10年くらい前にも合わなかった?」と言われた。

     

    *この記事は『俺の旅 vol.76』(2011年12月10日発売)に掲載されたものです。


広告受付中