トップページ >  編集長ブログ >  近未来のフーゾクは原点回帰へ

編集長
ブログ

フーゾク社会考察「風俗を見る眼」『5年後のフーゾクを大予想』その2

2017.08.05

  •  

    『フーゾク社会考察』「風俗を見る眼」《第24回》


    【今回の眼】活字風俗者•廓だん吉(くるわ•だんきち)



    5年後のフーゾクは原点回帰が進み

    エコノミー&ローカル&レトロが大ブームに


    『東京五輪後は不況直撃  風俗店の格安化が拡大』


     

     今回のお題は「5年後の風俗を考える」だ。


     以前、本コーナーで「30年後の風俗」を予測した。


     筆者としては科学的、社会学的根拠に基づいた予測であって「当たらずも遠からず」の内容と自負しているが、さすがに突飛過ぎたようだ。


     読者諸兄からも「30年後を予測されても困る」とお叱りのハガキが殺到したようで、今回はその反省を踏まえて5年後の近未来に風俗がどうなっているかを予測してみることにした。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】

     

     

    活字風俗者

    廓だん吉

    (くるわ•だんきち)

    実話誌1冊を40万円で作るはめになり、出版不況のあまりの酷さに戦慄。

    昔のツテを頼ってレイアウターや漫画家に依頼するもギャラも安さに断られ続け、友達をどんどん失いつつあります。

    誰か助けてくださいwww。

     

    *この記事は『俺の旅別冊  全国○得フーゾクSP』(2016年7月8日発売)に掲載されたものです。