トップページ >  編集長ブログ >  四国の旅で時代の移り変わりを感じる

編集長
ブログ

イコマ師匠の取材ルポ日記「四国一周フーゾクお遍路紀行」その92

2017.12.06

広告受付中
  • 松山空港。

    坊っちゃん列車のイラストがありました。

     

     

    今回の四国ツアーは非常に成果の大きなものとなった。


    高松、琴平、徳島、高知、松山と1週間掛けて巡ったが、どこもそれぞれ変化があり、時代の移り変わりをひしひしと感じた。


    高松城東町と松山道後のヘルスビルの数々に進歩と賑わいを感じ、一方で高知堺町のソープの数多くの廃墟に衰退を痛感。


    各地のフーゾクの現状を把握しながら、琴平のソープで温泉街特有ののどかさを楽しみ、道後温泉のストリップ劇場で癒しの時間を過ごすなど、しっかり気分転換できた。


    →つづく。


      【→進む】/【→戻る】

     

    空港内のうどん屋。

    『マドンナ亭』という店名がいい。

     

    松山空港のジェットスターの受付。

    一番端っこにありました。


広告受付中