トップページ >  編集長ブログ >  フーゾクでの福祉は問題も山積み

編集長
ブログ

フーゾク社会考察『社会福祉として機能するフーゾク』その7

2018.01.09

  •   障害や歳の壁を越えて等しくフーゾクを愉しむ、これはフーゾクを愛好する一人のファンとしてとても喜ばしいこと。


    とはいえ、何分従来にはなかったデリケートな分野の客層を取り込むとなると、問題もまた山積みなのも事実。


    個々のニーズにどこまで応えるのか、介護ケアの範囲の明示など、トラブルの種になりうる点は決して少なくない。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


    風俗冒険家

    ブラボー川上

    (ぶらぼー•かわかみ)

    業界25年のジジイライター。

    実は私は介護ヘルパーの免許を持っていて、老人介護系のバイトの経験者でもあるのだ。

    実際経験してみて感じたのはフーゾクと介護は意外と似てるってこと。

    ざっくり言ってしまえば、両方ともに下半身接触系サービス業だもんね。

     

    *この記事は『俺の旅別冊  全国○得フーゾクSP』(2016年7月8日発売)に掲載されたものです。