トップページ >  編集長ブログ >  近い将来、福祉系フーゾクの一般化も

編集長
ブログ

フーゾク社会考察『社会福祉として機能するフーゾク』その8

2018.01.10

広告受付中
  • 身体の不自由なユーザーが安心してサービスを受けられる態勢が整えられているか、さらにまた遊びたいとユーザーに思わせられるか。


    フーゾクがサービス業として今まで以上に柔軟な対応が求められることは間違いないだろう。


    今後これらの問題に誠実に対処していけば、福祉系フーゾクが一般化するのも夢ではない。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


    風俗冒険家

    ブラボー川上

    (ぶらぼー•かわかみ)

    業界25年のジジイライター。

    実は私は介護ヘルパーの免許を持っていて、老人介護系のバイトの経験者でもあるのだ。

    実際経験してみて感じたのはフーゾクと介護は意外と似てるってこと。

    ざっくり言ってしまえば、両方ともに下半身接触系サービス業だもんね。

     

    *この記事は『俺の旅別冊  全国○得フーゾクSP』(2016年7月8日発売)に掲載されたものです。


広告受付中