トップページ >  編集長ブログ >  バニーと触れ合えるのは風俗店のみ

編集長
ブログ

フーゾク社会考察『「バニーガール」風俗の人気の秘密』その10

2018.04.24

  • 『ドMなバニーちゃん 和歌山店』の外観。

    JR和歌山駅・南海和歌山市駅まで車の送迎も可。

     

     

     『ドMなバニーちゃん和歌山店』の店長さんに、利用者の評判について尋ねたところ、お客さんから投稿された感想の一例を教えてくれた。


     それはおよそこのような内容だ。


    「私はたまにバニーガールのいるバーにも行くが、そこで彼女たちのお尻の食い込みや網タイツの太もも見てるとやはりムラムラしてくる。しかし、そういうお店では基本的に触ることもできない。そんな私にとってバニーガールに好きなだけ触れられる貴店は嬉しいかぎり」


    ということだ。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


    フーゾクライター

    憂木A助

    (ゆうき•えーすけ)

    ソープの記事を書いてると私はつい、小中学生時代を過ごした大阪府堺市の繁華街にあった『トルコ堺』を思い出し軽い感傷にふけってしまう。

     

    *この記事は『俺の旅 vol.109』(2016年8月10日発売)に掲載されたものです。