トップページ >  コラム >  業界関係者から見た「日本フーゾクの今」

コラム

西川口で盛り上がりを見せる フィリピンパブ、風俗街から 歓楽街へと移り変わる街並み

2017.12.02

広告受付中
  • NK流の発祥の地として栄華を誇った西川口。安価で若くて可愛い素人の女のコを抱けるという夢のような時代は過ぎ去り、現在は風俗街として盛り上がっているとは言い難い場所だ。ヘルスもピンサロも減り続け、せっかくのホテル街も歩いているのは一般のカップルばかりになっている。さらに近年、ストリップ劇場『西川口テアトルミュージック』も閉館してしまった。蕨の『蕨ミニ劇場』と双璧をなす存在だったが、理由も分からず突然姿を消したという。また一つ、西川口の風俗街の灯が消えてしまったことが残念極まりない。

     

     そんな中、注目され続けているのがソープランドである。とはいえ、どの店も一律流行っているのかというとそうではない。現状としては、大きなグループ店のほぼ「一強」状態である。古くからあった高級店が店名を変え、エコノミークラスの料金になってから瞬く間に頭角を現し始めたそうだ。個室の綺麗さも西川口では断トツで、ハイレベルな嬢の呼び水になったのではと考えられる。一強とはいえ、明らかに繁盛している店があるというのは喜ばしいことだ。

     

    フィリピンパブとは違う
    新たな業種も登場
     
    今や西川口は、風俗街ではなく歓楽街へと徐々に変化を遂げている。特に最近流行っているのが、フィリピンパブである。10年ほど前、赤坂を核としたコリアンパブが西川口でも流行り急激に増加した。しかし、韓流ブームが去ったタイミングでコリアンパブは激減。その後釜的にフィリピンパブに人気が集まり始めたという。爆発的に数が増加したわけではないが減少することもなく、その数は大箱からカウンターのみの店も併せて20前後で定着している。
     
     その中でも急成長を遂げているのが、フィリピンパブの嬢たちがアフターで集うための店だ。接客するのはフィリピンのニューハーフたちで、本物の女性と見紛う美しさには驚きを禁じ得ない。特にディスコ『RK』は、生バンドでのライブ演奏やダンサーによるショーも行われるほか、本格的なフィリピン料理も振る舞われ、歓楽街の新しい業態の店として活気づいている。今後はこうした異国文化を融合させた風俗カルチャーが西川口の主軸となっていくのではないか。
     
    西川口フーゾクの魅力
     
    その1
    料金が安い
    NK流が壊滅した今だからこそ優良サービスを安価で提供せざるを得ない。
     
    その2
    若い素人のコが多い
    埼玉県民は地元愛が深い。若い素人は東京まで出ず西川口で留まりがち。
     
    その3
    未だにNK流の影響が強く残り、より濃厚なサービスを提供し満足させる。
     
    YAHOO! JAPAN ニュース より
    知っておきたい
    フーゾクトピックス TOP15
    2017.3月~4月
     
    1位
    今や風俗産業にも…誰もが安心
    「バリアフリー」最新事情
     
    2位
    風俗営業、「性」を除けば減少の一途 
    年寄り増えて衰退に拍車
     
    3位
    橋本マナミ、恋人に
    「風俗ダメっていうのはかわいそう」
     
    4位
    売春で学費を稼ぐ貧困女子大生の
    悲しい現実
     
    5位
    人気風俗「五十路マダム」、
    応募殺到の舞台裏
     
    6位
    なぜ多くの人が「貧困女性」を
    ウソと思うのか
     
    7位
    19歳、渋谷でスカウトされるも夢破れた
    ある読者モデルの現在
     
    8位
    最後の遊郭」をも中国人爆買いの猛威が襲うーー
    飛田新地は新たな問題にどう立ち向かうか?
     
    9位
    「AV女優は幸せになれない」と他人が言うな
    番外編2〈うちの娘はAV女優です〉
     
    10位
    韓国社会から消えない売春ビジネス 市場規模は「7000億円」
     
    11位
    「トゥナイト」山本カントク、
    夜のネオンレポ秘話明かす
     
    12位
    JKビジネス撲滅の流れにつながるか? 
    従来より強力、東京都の規制条例を検証
     
    13位
    AV、風俗も「性搾取」 
    「性と国家」の北原みのりさん
     
    14位
    「1円も払っていないのに服が届く」 ZOZOTOWN
    「ツケ払い」で滞納に陥る若者たち
     
    15位
    50歳「普通の主婦」がAV出演を決めるまで~最後に一花咲かせたい 男にはうかがいしれないその胸中
     
    高齢化社会と若者の貧困問題が大きな話題に。AV絡みも数多し。
    ①HPでバリアフリーをPRするデリヘルに障害者からメールで問い合わせが殺到。③「風俗は浮気ではないと言い張る男性の気持ちが分かる」という。⑤“稼げる”という噂を聞きつけ、全国から採用希望者が。⑧外国人向けの案内所や料金表を提案。⑫先行する愛知県、神奈川県よりも広範な規制に。⑭「風俗への入り口」との声が出ているとか。

広告受付中