トップページ >  編集長ブログ >  満席のバスに揺られながら広島へ

編集長
ブログ

イコマ師匠の取材ルポ日記「山陽〜山陰フーゾク巡礼ツアー」その6

2018.07.18

  • 目的地へ向かう途中から

    すでに旅は始まっているのです。

    画:今井のりたつ

     

     

    予定通り、夜9時10分に夜行バスに乗り込み、一路広島へと向かう。


    車内は満席、大変な人気である。


    走行中の振動に揺られながら、持参した新書『昭和史』(古川隆久著、ちくま新書)をじっくりと読み込む。


    戦争の悲惨さ、平和の尊さ、人間の愚かさ、時代の移り変わりの激しさ等を感じながら、深夜のバス内での学問を満喫する。


    現在午後1049分。車内が消灯するまで学問に打ち込もうと、この原稿を打っているスマホを置き、再度書物を手にしたのであった。



    →つづく。


      【→進む】/【→戻る】


    夜行バスの車内。

    ひたすら本を読みました。

     

    バスの車庫。

    大きな荷物はここに入れるのです。