トップページ >  編集長ブログ >  ネオン街は生活に欠かせない要素

編集長
ブログ

イコマ師匠の取材ルポ日記「山陽〜山陰フーゾク巡礼ツアー」その67

2018.09.21

  • 米子の歓楽街。

    妖しい看板がありました。

     

     

    西倉吉町にスナックやパブが集まっており、細い路地の両側にズラリと色鮮やかな看板が並ぶ。


    全国どこの街に行ってもネオン街だけは必ずある。


    人々の生活の中に慰安の時間は必要なのである。


    疲れを癒す空間は生命の日々の営みに欠かせない要素なのだ。


    →つづく。


      【→進む】/【→戻る】


    米子の歓楽街。

    無料案内所がありました。

     

    米子の商店街。

    シャッター通りでした。