トップページ >  編集長ブログ >  松江駅の喫茶で朝粥を食べる

編集長
ブログ

イコマ師匠の取材ルポ日記「山陽〜山陰フーゾク巡礼ツアー」その68

2018.09.22

  • 朝粥セット。

    柔らかくて食べやすかった。

     

     

    一旦ホテルに戻り、荷物をまとめてチェックアウトし、米子駅から9時36分発の普通列車に乗って松江へと進む。


    10時5分、松江駅に到着。


    長旅の疲労を癒すべく、駅構内の喫茶『服部珈琲工房』で「朝粥セット」と「ケーキセット」を食べて体力を回復させる。


    旅の朝の憩いの時間に心身共に癒されたのであった。



    →つづく。


      【→進む】/【→戻る】


    松江行きの電車。

    ローカル感がありました。

     

    松江駅の構内。

    歓迎の看板がありました。