トップページ >  編集長ブログ >  草加のソープはみんなの憩いの場

編集長
ブログ

イコマ師匠の取材ルポ日記「埼玉隠れソープ巡礼ツアー」その14

2018.12.06

  • そうからあげ。

    サクサクでした。

     

     

    「たくさん出たね。久しぶり?」。


    「お客さん、地元の人がほとんど。朝が一番混むかな。お爺ちゃんもいるよ。時間あるから。フェラでイカせてあげるの()」。


    「趣味? 飲みに行くこと。浅草とかよく行く。昼間からやってる居酒屋あるから」。


    といった世間話を交わし、店を出る。


    駅東口の『インどり屋 草加駅東口店』で草加のB級グルメ「そうからあげ」(唐揚げの衣に草加せんべいの粉が入ったもの)を食べて名物の味を満喫。


    サクサクの衣と揚げたてのモモ肉がウマイ。


    草加の隠れソープはスパイスの効いた唐揚げのよう。


    もう一つ例えるなら、やめられないとまらない「かっぱえびせん」、いや「草加せんべい」のよう。


    昭和レトロな臭いが充満する、地元の男性達に必要不可欠な、のんびりとした憩いの場であった。


    →つづく。


      【→進む】/【→戻る】

     

     

    からあげ屋さん。

    店の前のベンチで食べました。

     

    そうからあげの看板。

    安かった。