トップページ >  編集長ブログ >  接客用ガードを外せば完璧

編集長
ブログ

フーゾク社会考察『ソープ嬢たちの本音を肉迫インタビュー』その8

2019.01.12

広告受付中
  •  

    CA系やモデルなど粒揃いの美女が集うVIP型ソープの色白巨乳嬢26歳の弱点は「ややオラオラ系でタメ口で話してくるお客様」だと言う。


    年配、高所得層の客が多く、常に気が抜けない彼女たちだからこそ、客の方から女性側も素で話せるを作られることで接客用ガードを外すことができる。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


    フーゾクライター

    加藤文果

    (かとう•ふみか)

    リアルな現代セックス事情や風俗嬢の実態を取材し官能ルポを発表。著書に『妻たちが溺れた婚外セックス』、『わたしは人妻風俗嬢』 (共にイースト・プレス)など。

     

    *この記事は『俺の旅別冊 御当地ソープランドEX』(2016年9月8日発売)に掲載されたものです。


広告受付中