トップページ >  編集長ブログ >  高級店は控え目でシックな外観

編集長
ブログ

イコマ師匠の取材ルポ日記「東京極上ソープランド巡礼ツアー」その9

2019.02.12

広告受付中
  • 『姿麗人(シャレード)』。

    もの静かな高級感があります。

     

     

    さすがに日本一のソープ街だけあって規模の大きさはスゴイ。


    一番感心するのは最高級店が地味な外観で控え目にひっそりと営業していること。


    ド派手な看板を掲げて華やかに自己主張したりしない。


    そんな野暮な事する必要がないのだろう。


    『サブマリン』『姿麗人(シャレード)』『石榴(ざくろ)』と、知る人ぞ知るVIP店の外観はは穏やかで落ち着きがあり、大人のムードが溢れている。


    →つづく。


      【→進む】/【→戻る】


    『サブマリン』。

    超高級店なのにこんなにシンプル。

     

    『石榴(ざくろ)』。

    プレイルームは広々。


広告受付中