トップページ >  編集長ブログ >  東京のビデオBOXフーゾクは1店が残るのみ

編集長
ブログ

フーゾク社会考察『『正念場のフーゾク界 〜明日への提言〜』その3

2019.04.16

広告受付中
  •  〔ソフトだが摘発されたビデオBOXフーゾク〕


    ビデオBOXでアダルトビデオを見ていると、女のコがやってきてフィンガーサービスで抜いてくれる。


    そんなお店が誕生したのは、1998年。


    女のコはセーラー服など着衣のままで、ちょいM男にはたまらないシチュエーション。


    同様のお店は瞬く間に増えていった。


    だが、次々に摘発を受けて消滅。


    現在は以前からヘルスとして許可を得ていた1店舗が残っているのみだ。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


    フーゾクライター

    陳黒轟太郎

    (ちんぐろ•ごうたろう)

    警視庁にもパイプを持つ社会派フーゾクライター。

    生活安全課の親しい警部補の「最近なんか、おもしろい店ない?」との質問に丁寧に答え、代わりに警察の動向を探っている。

     

    *この記事は『俺の旅 vol.110』(2016年10月10日発売)に掲載されたものです。


広告受付中