トップページ >  風俗エリアガイド >  ぶらり中出し一人旅 横浜・曙町 人妻ヘルス

風俗
エリアガイド

ハマヘルの上品妻が痴女に変身! 自ら生ハメおねだりグッショグショ

2018.06.12

  • 結婚5年目の妻が
    ホテルの部屋に来た
     
    鎌倉街道沿いの大手グループ系列のヘルスビルはもちろん、裏手にも多種多様なヘルスがひしめいている横浜。店舗型ヘルスは「ハマヘル」と呼ばれ、関東をはじめ、全国の男性たちを癒し続けている。
     
     午後3時、関内駅を伊勢佐木町方面に降りて、まずは駅近くの『文明堂茶館 ル・カフェ』で一休みし、名物のパステルを堪能する。上品な味わいが最高だ。店を出て、目の前の鎌倉街道を10分ほど歩くと、数棟のヘルスビルが見えてくる。そして、お目当ての人妻ヘルスに到着。
     
    「いらっしゃいませ~」
     
     中に入ると店員が出迎えてくれた。料金は50分1万6千円。プレイルームに案内され、部屋で待っていると、ドアをコンコンとノックする音がして、女のコが入ってきた。
     
    「よろしくお願いします、ミサキ(仮名)です」
     
     しっとりとした上品そうな人妻さんだ。彼女の案内でシャワー室へ行き、一人でシャワーを浴びた後、部屋に戻る。
     
    「結婚して5年目です。ふふふ」
     
     なんて話をしつつ、こちらの首に手を回すミサキさん。そして、激しいディープキス。おおう、これは嬉しい。
     
    オプションも駆使し
    感じさせまくり
     
     ねっとりとしたフェラをしてもらった後、今度は、彼女のアソコに口を近づける。
     
    「そんなに舐めちゃだめ~」
     
     さらに、オプションのピンクローターで責めまくる。たっぷり15分ほど彼女のアソコの周りを丁寧に刺激。これはもう、我慢できなくなるはずだ。
     
    「ね、ねぇ、入れて……」
     
     彼女から震えた声でリクエストされる。ゴムなしでもいいかと聞くと、コクンッと頷く彼女。それではと、そのまま正常位で合体。絡みつくような彼女の中の触感に、すぐにイッてしまいそうになるが、グッと我慢。天然ローションがグチョグチョとエロい音を出している。
     
    「ああん、あん、気持ちいいよ。もっともっと~」
     
     リクエスト通りに、腰を前後に何往復もする。中に擦り付けるような腰使いに、彼女も相当感じているようだ。最後は特に何も言われなかったので、中にそのまま出してしまった。
     
     
     
     
     
     
     
     
    たまにイクならこんな嬢と 横浜編 〇得風俗情報
    侮りがたいヘルスの国の大衆ソープ
     
    横浜風俗と言えばもちろんヘルスだが、ソープだって忘れてはいけない。ヘルスエリアの曙町から徒歩数分の福富町には14もの店が軒を連ねており、穴場的なソープエリアとして人気を集めている。福富町には高級店もあるが、メインは1万円台の大衆店で、女のコのレベルも低くはない。『ワンダフル妻』などの人妻専門ソープもオススメだ。その他にも、野毛や鶴見、横浜西口や曙町にもソープが点在している。
     
    ▲ヘルスと同じく最寄り駅はJR関内駅。総額1万円を切る店もある。
     
    ハメたら喰らえ in横浜
    深夜まで営業している絶品家系ラーメンの店
     
    ヘルスエリアの曙町から日ノ出町方面へ進むと、市内では圧倒的な人気を誇るとんこつラーメンの『たかさご家 日ノ出町店』の店舗が見えてくる。この日はたっぷり遊んだ夕方頃に訪れたが、なんでも深夜までやっているそうなので、ヘルスのラストでヌイた後に立ち寄るのもいいかもしれない。具は家系ラーメンではお馴染みのチャーシューにノリにほうれん草。とんこつスープが麺と絡まって癖になりそうな味わいだった。
    ▲普通のラーメンは一杯650円。良心的な料金設定だ。