トップページ >  風俗エリアガイド >  ニッポンの風俗グループ第7回ハピネスグループ徹底解剖

風俗
エリアガイド

〝安い・若い・カワイイ〟で急成長、全国に店舗を拡大中の大注目ソープグループ

2018.07.31

  • 全7店完全網羅

     

    今回のグループ店ガイドで紹介するのは、水戸、吉原、池袋、五反田、中洲に店舗を展開するハピネスグループ。池袋から始まり、都内を中心に次々に新店をオープンさせている急成長中のグループであり、今最も勢いがある風俗グループと言っても過言ではないだろう。今回は、同グループの快進撃の秘密は一体何なのかに迫ってみたいと思う。

     

    各店に個性を付けて集客
    総選挙で嬢をアイドル化
     
    ハピネスグループは、東京をメインに北関東と九州にチェーン展開している、今旬なソープグループだ。池袋から始まり、五反田、中洲、水戸、吉原と着実に店舗を増やしており、どの店も低料金で若い娘と遊べると大人気になっている。
     同グループは、イメージプレイやマット、20代専門など、お店ごとに様々な個性を打ち出し、HPや各種マスメディアを活用して上手にアピールしている。早朝営業や豊富な割引イベント、コスプレなどのキャンペーンも随時実施し、集客に繋げている。
     
     各店ともにHPでは、動画や写メ日記などを駆使して「若くてカワイイコと遊べる」ことを強調。さらに特筆すべきは、毎年「ハピネス総選挙」というイベントを実施し、グループ内の女のコが美貌を競い合っていること。今年は8月に878人がエントリー、総投票数1万3788票から見事に上位入賞した嬢は、各店のHPのトップページで紹介されている。指名して遊べば、よりプレミア感を味わうことができる。
     
     創業の地である池袋では1、2時間の待ち時間ができているほどの勢いがあり、今後も目が離せない注目のグループだ。
     
    グループHPのトップ画面。明るく爽やかでアイドル的なイメージが全面から漂っている。
     
    「ハピネス総選挙」の結果はグループや各店のHPで大きく華やかに掲載されている。