トップページ >  風俗エリアガイド >  フーゾク Oneテーマ 研究 第15回 風俗癒し学 研究その2

風俗
エリアガイド

フーゾクでのぬくもり体験

2018.10.09

  • 寒い季節は女のコのぬくもりが恋しくなる。ちょっとした
    優しさ、気遣いが、客の心に温かい火を灯してくれるのだ。
     
    ぬくもりを感じさせる
     
    女のコのスベスベ肌
     
     スキンシップとは、究極のコミュニケーション。肌と肌が触れ合うことで、どんな言葉を交わすよりも、その人のことが深く理解できる。また、単純に肌と肌の触れ合いは身体的にも気持ちいい。男と女のコの肌質は全く違うので、女のコの肌のスベスベの感触を味わうことができるというだけでも、風俗に来たかいがあるというもの。様々なプレイで気持ちよくなって射精するのも、もちろん風俗の楽しみだが、女のコの肌のぬくもりを感じるのも、風俗の大きな醍醐味と言えるだろう。
     
     特に秋から冬にかけての寒い時期は、「人肌が恋しくなる季節」。風俗の女のコたちは、屋外で冷え切った男たちを優しく温めてくれる。そんなとき、人は究極の癒やしを感じるのかもしれない。女のコの“ぬくもり”は、どんな暖房器具よりも温かく、柔らかい。
     
    女のコの優しさという
    名のぬくもりを感じる
     
     女のコの“ぬくもり”は何も肌だけの話ではない。女性は基本的に男よりも、母性本能が強いため、きめ細やかな対応や丁寧な接客に向いており、また、女性のほうが世話好きな傾向にある。例えば、看護師だ。現在では男性の看護師も増えているが、やはり、未だに女性の看護師は多い。人に触れる仕事なだけあり、デリケートな所作や細やかな心遣いが求められるというのもあるのだろう。男性側にしてみれば下心などを抜きにしても、女性にあれこれとお世話をしてもらうほうが、なんとなく安心できるというのは否めない。また、看護師はもちろん、保育士に女性が多いのも、やはり女性ならではの細やかさ、世話好きの部分が職業的に向いているというのがあるのだろう。このように、女性は人への心配りができる人が多い。それは当然、風俗業界でも発揮される。プレイ中、女のコのちょっとした優しさを感じた人も多いだろう。つまりそれが、心で感じる“ぬくもり”なのだ。風俗業界に元看護師や元保育士が多いのも、うなずける話だ。
     
    フーゾクでの主なぬくもり体験

    添い寝してくれた
    恋人、または夫婦でしかありえない添い寝。完全に心を許した相手だけに見せる嬢の寝姿に、なんともいえないぬくもりを感じる。腕枕をしてあげたいところ。
     
    3回戦や3Pができた
    通常は1回戦のところを、3回戦も頑張ってくれる女のコには頭が下がるばかり。3Pもまたしかり。そんな彼女たちの頑張りにぬくもりを感じてしまうのだ。
     
    女のコの表情にホッとした
    嫌な顔一つせず、男を気持ちよくすることだけに心血を注ぐ女のコ。彼女たちの心尽くしのサービス、そして、満面の笑顔には、誰も勝てるはずがないのである。
     
    オキニの嬢と遊んだ
    初見の嬢とオキニの嬢とでは、やはり親密度が違う。通っている年月が長ければ長いほど、2人の関係性は特別に。「待ってたよ」の一言にぬくもりを感じるのだ。