トップページ >  編集長ブログ >  風俗店の数を適正な水準に戻す必要あり

編集長
ブログ

フーゾク社会考察「風俗を見る眼」『フーゾク不況を乗り切る知恵』その5

2015.04.04

広告受付中
  •  〔規則やルール、約束事の遵守を!  斬新なアイデアこそが業界を救う〕

     


     やはり客1人あたりの風俗店あるいは風俗嬢の数が多すぎるのは間違いない。


     適正の水準まで減ることは必要であろう。


     とくに風俗業界を全く知らずに参入し、ルールを無視し客や関係者に迷惑をかけている風俗店が、ある程度淘汰されることは必要であると思う。


    →つづく。


     【→進む】/【→戻る】


     

    フーゾクライター

    吉岡優一郎

    (よしおか•ゆういちろう)

    雑誌ライター、WEBプログラマーなどマルチな活動を行っている。

    昨今の風俗業界の低迷をとても憂い、不況を乗り切るための提言や風俗店へのアドバイスを行っている。

    著書『風俗嬢のホンネ』は実売3万部を超える大ヒット中である。

     

    *この記事は『俺の旅vol.74』(2011年10月10日発売)に掲載されたものです。


広告受付中